ぐっすり、すやすや眠るための快眠方法

303928

ベッドに入って、30分以上たっても眠れないという人も多いのではないでしょうか。

しっかり睡眠をとらないと、次の日仕事がある場合は、仕事に支障をきたす場合もあります。ベッドに入りしばらくして眠りにつき、ぐっすり眠って翌朝すっきり目覚めるのが理想の快眠方法であると一般的にいわれています。

今回は、快眠するための方法を書きます。快眠するために大切なことの重要な点として、

①規則正しく食事をとること、

②ほどよく身体を動かすこと、

③自分にあった寝具をつかうこなどがあげられます。

①についてですが規則正しく身体に必要な栄養を摂取することで、身体が朝、昼、晩と認識し体内時計がくるわないようになります。

②についてですが、よく身体を動かして疲れた日はすぐ眠れることが多いでしょう。寝付きが悪い人はホットヨガやジムなどの教室に通って、毎日1時間ほど身体を動かすと良いでしょう。
自分の好きな運動スタイルが見つかれば、ストレスの発散にもなり、快眠にも繋がります。

③についてですが、寝る前に寝返りを何回もうったり、起きた後首が痛かったりする方も多いと思います。

百貨店等の寝具売り場に足を運び自分の体型にあった寝具を選ぶと良いでしょう。

身体にあわない寝具を使うことは、ストレスの原因にもなり快眠を妨げてしまいます。
このような点を心がけ、薬にたよらずに、ぐっすり、すやすや眠るための自分にあった方法を探していくと良いでしょう。